引越しを体験してみて

引越しの準備を直前になって必死にこなした

引越しを体験して思う事は、本当にやることが多くて気が焦るということです。
私は何事も後回しにしてしまう体質なので、引越しの準備を直前になって必死にこなしたという苦い思い出があります。

 

引越しでは家の中の荷物を全部片付けてまとめて、新しい家へと移動させないといけないので、力がいる作業も多くて結構疲れました。
仕事が終わってから荷物をまとめたり、家の中を掃除しようと思ってもなかなかやる気が出なくてつい引越しの準備を後回しにしてしまうことも多かったです。

 

引越しの作業はなるべく体力に余裕がある時や、休日などに少しずつ一日10分でも良いので引越しの準備をしておくことが大切だと思います。
引越しは不用品を捨てる際に、ごみを細かく分別しないといけない自治体では、特定の種類のゴミは二週間に一度くらいしか引き取りに来てくれないということもあるので、引越しの準備は早いうちに済ませておくことが大切だなと思いました。

 

引越しはしんどいですが、とにかく達成感がありますし新たな出会いを広げるためにも良いきっかけとなりました。